お知らせ

***容量不足により 画像削除***





「花と水滴」路線が続いていたので、何か違う写真ないかなあ、と最近写した写真をさかのぼってみていたら。。。。。。
最近本当に、これしか写していませんでした(笑)。

ということで、まずはいつものやつ。。。。。。。。。水戸黄門の印籠みたいに(爆)。



で、こればっかりもなんなので。

ちょっとご紹介。
小樽の鉄路展でいっしょにやっている友人の写真家 瓜生君が個展をやっています。
昨日ようやく見に行くことが出来ました。

「想いは旅をする」ウリュウ ユウキ @ギャラリー ニュースター


ウリュウ君らしいキレイなモノクロ写真が並んでいます。(ちょっと狭いけどね(笑)
旅をテーマにしていますが、もちろん私の写真のようなどこへ行ってきましたよ。っていう証拠写真や観光写真じゃなく
行ったことはないんだけど、でもなぜか懐かしい風景、そんな空気をていねいに切り取って見せてくれています。
銀塩モノクロのやさしい写真です。

くわしくは こちらを見てね。

おまけ:そのギャラリーまで行く途中、ちょっと街を写したので、アップしておきます。
(マイブームの魚眼レンズを街で使ってみたかっただけですけどね)



最後に、もう一つお知らせです。
夏の一大イベント(私にとってのね(汗)) 「小樽鉄路展」の準備が始まりました。(すでに出展者会議を二回開催)
今、出展者を募集しています。 
屋外なので、壁も用意されていないし、雨風対策は必要だし、といろいろハードルの多い写真展ですが。。。。
これを読んで私たちと一緒にやってみたいという方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。 
-----------------------------------------------------
『Open!!!』-Open Air, Open Photography, and... Open Your Mind!-

『小樽・鉄路・写真展』へのお誘い


野外で写真を見せる。
舞台は、夏の終わりの小樽。普段は草に覆われた、北海道で初めて敷かれた鉄道の跡地。
自分たちで場を作り、とっておきの作品を持ち寄り、見せ方にこだわり、たくさんの人に見てもらって、そして、新しい自分の視点を見つける。
……そんな"オープン"な写真展を、私たちは7年間、作り続けています。

『鉄路展』は、毎年みんなで会場の草刈りをするところから始まります。
そして一枚、また一枚と、写真を夏の終わりの空の下に解き放っていきます。

『鉄路展』には、テーマおよび審査はありません。
あくまでも自らの表現に正直で、真剣であること。そして、毎年春から始まる会議(月一回)にできるだけ参加し、原則として出展者自ら搬入・搬出をし、運営費用をみんなで分担すること。これが参加の条件です。
主催者に「小樽・鉄路・写真展 参加者一同」と謳う通り、すべてを自らの運営で行うからこそ、参加者が自信をもって自らの作品を世に問える。
みんなで作り上げる写真展……、これが『鉄路展』の誇りです。

写真は、いろいろな人に見てもらってこそ、かたちになります。
『鉄路展』には毎年、地元の方や写真が好きな方はもとより、観光客やツーリングのライダーなど、実に幅広い観客がいらっしゃいます。
お客さまも多彩なら、社会人・学生、プロカメラマンに、趣味で写真を楽しむ人……出展者も多彩です。だから、写真の経験は全く問いません。
自分の写真を見て欲しい。いろいろな表現を見てみたい。そのどちらも叶うのもまた、『鉄路展』の良さです。

今や小樽の夏の終わりの風物詩にもなっている『鉄路展』。
主役はあなたです。あなたの写真と持てるチカラを、ぜひこの夏の終わりに解き放ってみませんか!?
ご参加を心からお待ちしています。

---------------以上 鉄路展告知文より転載。

追記:書き忘れましたが、今年の鉄路展は 8月27日から9月9日までです。
[PR]
by i_nosato02 | 2007-05-31 05:50 | 札幌 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://ainosato02.exblog.jp/tb/6921158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by atCommA at 2007-05-31 06:57
最初の一枚、目が覚めました。ファンタスティック(^^)

あー、昨日電車通り沿いをチャリってたんですが(^^; チャンスあったら寄らせていただきます。
鉄路展かぁ...んー...(^^;
Commented by hiros at 2007-05-31 07:00 x
メールいただいたあと、すぐにウリュウさんのHP拝見しました。
楽しみなのであります。
それはそうと魚眼での札幌街撮り写真の右下、化けて出ますよ。(笑)
Commented by sorami at 2007-05-31 08:54 x
おはようございます。ウリュウです。
ainosatoさん、ゆうべはご来訪ありがとうございました! 狭いところでお構いもできませんで……(^^;
ご自慢の魚眼で見ると、あの空間も全然違って見えますね。
僕も魚眼欲しくなっちゃいますよ(笑)

日曜まで開催中ですので、みなさまもぜひ足をお運びいただければ幸いです。お待ちしております!

そして「鉄路展」の告知、ありがとうございます!
僕ももちろん書きますよ!
Commented by みのり at 2007-05-31 19:59 x
スギナちゃんは相変わらずサイコーですね。春らしい色が好きです。
「小樽鉄路展」、もうそんな時期なんですか・・・。1年は早いですね。
写真展の前後のレポートを楽しみにしております。

魚眼、街を切り取ると、そのレンズの楽しさが際立ちますね。いいな~!
Commented by 小樽ではたらく本部長 at 2007-06-01 00:07 x
水玉シリーズここに極まる!といった感じです(^^)
自分でも写してみようと思いながら身近な自然に対峙できないでおります...汗

魚眼の描写、いいですよ!
ドアを開けた瞬間を窓越しに捉えるなんて!さすがです!
狸小路の切り取りも絶妙ですよ...観覧車が泣かせてくれます!

鉄路写真展もすぐなんですね!!
あのジョージとの衝撃の出会いを思い出します(爆)
(というか、ainosatoさんとの不思議な接点ともなってましたね...)
昼も夜も趣深いんですよ...夏の終わりの静のイベントですね!
(雰囲気的には雪あかりの路の夏番のような...)
Commented by i_nosato02 at 2007-06-01 06:04
>atCommAさん おはようございます。
「ファンタスティック(^^)」のお褒めの言葉 ありがとうございます。
チャリですか、いいですね。さすがにあいの里から街までチャリで行くと
行くだけで精一杯で(汗)。
瓜生君の写真展、ぜひ、行ってあげてください。
鉄路展いかがですか?
Commented by i_nosato02 at 2007-06-01 06:05
>hirosさん おはようございます。
瓜生君のHP、そして写真展、ご訪問ありがとうございます。
刺激になりますよね。
右下。。。。あくまでノルベサ狙いです(汗汗)
Commented by i_nosato02 at 2007-06-01 06:06
>soramiさん おはようございます。
>狭いところでお構いもできませんで……(^^;
いえいえ、私だから余計狭いという話も。。。。腹がつっかえてね。
充分お構いしてもらいました。すてきな写真に。
魚眼面白いでしょ。病み付きになりますよ。
鉄路展、我々の夏の一大イベントですからね、いっしょに楽しみましょうね。
Commented by i_nosato02 at 2007-06-01 06:06
>みのりさん おはようございます。
>春らしい色が好きです。
後ろのピンクがいいでしょ。実はうちの奥さんのおかげです。
我が家の芝桜の中にじゃまなスギナが生えてきているのですが、私が写真を写すのを知っていて抜かずにそのままにしてくれています。
鉄路展始動開始です。出展者自身が一番楽しんでいるのですけどね。。。。
Commented by i_nosato02 at 2007-06-01 06:06
>本部長さん おはようございます。
>水玉シリーズここに極まる!といった感じです(^^)
ありがとうございます。身近な自然は、小樽に次ぐ私の重要なテーマなもので。
魚眼。魚眼使いの本部長さんに褒められたら余計うれしいです。ありがとうございます。
ドアに写り込んでいる空もいいでしょ。

鉄路展、本部長さんとの出会いの場ですからね。
いま、こうして楽しくお付き合いさせて頂いているのも鉄路展のおかげですよ。
ありがとうございます。
今年はぜひ、ごいっしょに。
参加者側に回りましょうよ。小樽を盛り上げるためにも。
<< 6月カレンダー 朝日をあびて。。。。 >>