雪あかりの路 2

**容量不足により 画像削除***






昨日の続きです。大好きなもので、すみません(汗)。

小樽駅の中、改札口のすぐ前にも、こんなオブジェがあります。
もちろん駅の中ですから雪ではありません。発泡スチロール製です。

町のあちこちにも灯りが飾られています。これは商店街のアーケードの中。
「大きな愛」があります。


運河に浮かんだろうそくの灯りが夜空の星のようです。







抽象的な一枚(笑)


最後はカラフルな一枚。




ちなみに、去年の私の自信作は、 こちらのページ の最後の写真。さて、今年はどんなのが撮れるでしょうか。
(ってまだ満足いく作品は撮れていません(汗)。次はいつ行こうかな。)


下のタグもこの機会につけなおしました。「雪あかり」をクリックして頂けると、昨年のも含めて、すべて一覧で表示することができます。
[PR]
by i_nosato02 | 2008-02-10 22:50 | 小樽 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://ainosato02.exblog.jp/tb/8039732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hkotsw at 2008-02-10 23:43 x
こんばんは
小樽に強行突入しました(爆)
それにしても、すごい人でしたね!
夜8時を過ぎても人混みで満足の行く写真が撮れないまま明日帰ります(涙)

ainosatoさんの作品を見て今年も雪あかりの路を楽しませて頂きます(^^ゞ
Commented by mugnum-yoda at 2008-02-11 02:18
全て何故か美味しそうだ!
Commented by あやや at 2008-02-11 09:22 x
同じものを撮ってもやっぱり違う・・・
ainosatoさんの雪明りの写真からは、暖かさや安らぎを感じます。
ラストの一枚、新米Pレンジャーに丸ボケの秘伝を伝授して頂き、ありがとうございました(笑)
Commented by ariari at 2008-02-11 10:15 x
6枚目の世界観、とでもいいましょうか、なんだか「好きなんだ」という気持ちがスゴい伝わるのです。
きれいだなあ、という気持ちだけではダメ。そんな感じで諭されました。
しっかし↑の新米Pさんったら....ホワイトイルミネーションときも
さんざん教えているのにっ、まーったく人の話を聞かないの。
先生が変わるとこんなに素直になるんだもん(爆)。今後も鍛えてやってくださいまし(厳し目にね)。
Commented by hiro_root at 2008-02-11 18:03 x
写真、さすがです。いうことなしです。
私も行きましたが、もうあまりの人にちょっと。。。 
想像以上の人でした。札幌の祭りの夜店の人通り状態。(^^;
雰囲気を味わいながら、気持ちをこめて撮るみたいなことがまったくできない状態でした。
人の数、去年も多かったですけど、今年はさらに凄いような印象が。
Commented by 本部長 at 2008-02-11 18:56 x
1枚目の駅のオブジェの描写からして絶妙な切り取りです!
北運河方面の静寂さも感じられます。
全体に落ち着いた雰囲気、さすがです。
ラストの余韻を感じる描写。似たようなアングルは写せてもこの陰影の絶妙さは簡単にマネできません。まいりました^^;
Commented by ぐ~ at 2008-02-11 21:13 x
運河に浮かんだ灯り、メルヘンの世界ですね。
宵闇が迫るのも、とっぷり暮れて灯りが輝くのもどちらもいいですね。
氷の照り返しも、ボーっとして見飽きませんね~。
Commented by みのり at 2008-02-11 21:53 x
最後の写真、「カラフルボケ」が私の大好物と知っていて撮ってくれたのですね。って、思ってしまうくらいストライクです。
ステキな写真、ありがとうございました!
Commented by i_nosato02 at 2008-02-12 06:53
>hkotswさん おはようございます。
>小樽に強行突入しました(爆)
お帰りなさい。駆け足の帰郷お疲れ様です。
しかし、すごい人込みでしたね。とてもじゃないけど写真が撮れる状況じゃなかったですよね。
>ainosatoさんの作品を見て今年も雪あかりの路を楽しませて頂きます(^^ゞ
ありがとうございます。まだ、何回か通うと思います。
Commented by i_nosato02 at 2008-02-12 06:53
>mugnum-yodaさん おはようございます。
>全て何故か美味しそうだ!
撮影時、おなかが空いていましたからねえ、撮り手の喰い気が表れましたか?
Commented by i_nosato02 at 2008-02-12 06:54
>あややさん おはようございます。
>ainosatoさんの雪明りの写真からは、暖かさや安らぎを感じます。
ありがとうございます。気のせいですよ。思い入れが深い、深いと毎年言っているから
みなさんの見る目が違うんですって。
ただ安らぎ、は うーーん 自然とそういうところを狙っているかもしれませんね。
>ラストの一枚、新米Pレンジャーに丸ボケの秘伝を伝授して頂き、ありがとうございました(笑)
私のワンパターンのテクニックです。もうこれだけです(笑)。
Commented by i_nosato02 at 2008-02-12 06:54
>ariariさん おはようございます。
>なんだか「好きなんだ」という気持ちがスゴい伝わるのです。
だって、好きなんだもん(爆)。
でも諭していませんって。そんな大層な。
>しっかし↑の新米Pさんったら....
一度添削しなければいけませんね。新米Pさん!数枚用意しておくように。先生二人で見てあげますから。
Commented by i_nosato02 at 2008-02-12 06:54
>hiro_rootさん おはようございます。
いらっしゃいませ。
>写真、さすがです。いうことなしです。
ありがとうございます。
>想像以上の人でした。札幌の祭りの夜店の人通り状態。(^^;
ほんとうに、雪祭りよりも混んでいましたね。毎年どんどん増えていますね。
やっぱりねらい目は平日です。水曜日、定時あがりで行きますか?
ところで、また例の場所で、猫と戯れていたようですね。
Commented by i_nosato02 at 2008-02-12 06:55
>本部長さん おはようございます。
>1枚目の駅のオブジェの描写からして絶妙な切り取りです!
ランプの灯りを入れて、行き先表示を入れて。。。。ってひっきりなしに人が通るあそこでここまでこだわって写しているやつはかなり怪しかったと思います。
しかも、本物じゃないし(爆)。
>全体に落ち着いた雰囲気、さすがです。
いえいえ、毎年撮っていますから。。。。
Commented by i_nosato02 at 2008-02-12 06:57
>ぐ~さん おはようございます。
いいでしょう。雪あかり。
今回は混んでいて、ゆっくり楽しめませんでしたが、空いているときには
静かなこの小さなほのおをじっくり見ることができます。本当に癒されますよ。
ぜひ、実物を見ていただきたいですね。(でも、ほんとうは寒いんですけどね)
Commented by i_nosato02 at 2008-02-12 06:58
>みのりさん おはようございます。
はい、みのりさんのための「カラフルボケ」です(笑)。
私も好きなんですよ。だからついワンパターンになってしまいます(汗)。
<< 雪あかりの路 3 小樽雪あかりの路 >>