オオウバユリ

**容量不足により 画像削除***





先週の日曜日、天気がよかったので、また森の奥を歩いていました。

この時期の森は私の好きなオオウバユリの殻が目立ちます。


この殻の中には、種がいっぱい入っていたのです。


種はこんなのです。殻のなかにまだ少し残っているのが分かりますか?



森の中をこんな風に歩いています。


カンジキが見たいというリクエストがあったので。。。。
スノーシューならかっこいいのですが、プラスチック製で、ベルトで長靴にとめているだけのお恥ずかしいお手軽カンジキです(汗)。
でも、近所の森ならこれくらいのお手軽がいいかな。
[PR]
by i_nosato02 | 2008-03-07 22:40 | あいの里 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ainosato02.exblog.jp/tb/8122059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぐ~ at 2008-03-09 09:10 x
わ~い、カンジキ~・・・って・・・赤いし(可愛いけど、足跡も面白いけど)・・・
藁でできた物はもう無いんですね~。。。
それでも、満足!こちらで雪が積ったら履いてみたいけど、積っても3cmでしょう。
この長靴、内張りつきであったかそうですね。こんなのこちらでは売ってませんよ。
Commented by i_nosato02 at 2008-03-10 06:55
>ぐ~さん おはようございます。
カンジキ かわいいでしょ。
>藁でできた物はもう無いんですね~。。。
わらというか、竹ですね。竹で外枠を組んで、縄で縛るタイプ。ありますよ。
近くのホームセンターにも売っています。でもプラスチック製よりも高いし、
なにより靴に縛り付けるのがたいへんです。
3センチじゃ、普通の靴でも埋まりませんね(笑)。
雪の中を歩くとき、ちゃんとしたスノーシューなら、普通に(やや前かがみに)歩けますが
このスノーシューもどきでは、一歩ずつ足を垂直に上げて引き抜く感じで歩かないと
雪がひっかかってたいへんなんです。
そのせいで、家に帰ったらももが痛くなります。森の中でずっともも上げしていたようなものです。
<< コンデジのメモリの中から otaru station >>