フィルム一本勝負 in 小樽

すっかり出遅れましたが(汗)、昨日の土曜日、第7回フィルム一本勝負が開催されました。

参加メンバーは、ariariさんDENZIさんhirosさん本部長さんウリュウさん、と私。
さらに、紅一点「あやや」さんがゲストとして初参加。

今回は一本勝負の聖地というべき小樽で、「雪の小樽」というテーマで開催。カメラ1台・レンズ1本以外の縛りは無し。

「雪の小樽」と言うテーマで開催予定でしたが、どうも「晴れ女」のあややさんのおかげか、よく晴れて気温が上がり、雪がどんどん溶けてしまい「雪解けの小樽」となりました。

まずはINDEX
b0103798_22545045.jpg

(PENTAX KM /FA 35mm F2.0)





[0]ファーストショットは、得意のミラーから。青空にはミラーが似合います。
b0103798_22551485.jpg

[2]町の無料展望台。のぼり口。
b0103798_22554245.jpg

[3]「あぶないから」。。。。この人たち、あぶないから。。。。。
   なんたって、駅で見かけても近づき難かったそうですから(爆)
b0103798_22563774.jpg

[5]やっぱり小樽といえば坂でしょう。この坂も好きな坂の一つです。
b0103798_2257376.jpg

[13]あとainosatoのロゴを入れたら完成なんだけどなあ。。。。
b0103798_22572137.jpg

[14]。。。。。みんなに呆れられた一枚(爆)
b0103798_22574463.jpg

[15]雪の小樽のはずが、雪どけ水の流れがあたたかそう。。。。。
b0103798_2258959.jpg


[18]期待にこたえて水滴を狙ってみましたが、今一つ。。。。。
b0103798_22582940.jpg


[19]水滴を夢中で写していたら視線を感じて、振り返ったら、ハトが居てハットして写した一枚。
b0103798_22592467.jpg


[21]市場はまだ雪に埋もれています。
b0103798_2323933.jpg


[23]雪はどんどん分解されて行きます。
b0103798_2345962.jpg

[31]光あふれる公園。
b0103798_23126100.jpg

[34]水溜りの写りこみを写していたら、車に泥水を掛けられそうになりました(汗)。
b0103798_23125984.jpg

[PR]
by i_nosato02 | 2008-03-09 23:05 | フィルム | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://ainosato02.exblog.jp/tb/8143732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ariari at 2008-03-10 00:45 x
お疲れさまでした。お忙しい中、やはりainosatoセンセーのフィルム撮りを見なければ
春がやってきません。
プリントが仕上がった直後は様々な葛藤と反省で冷静に他の方の写真を見ていないかも、
というのが後でWEBで見るとわかります(笑)。「あぶないから」...
そういう意味だったのね。
小樽への愛情がやっぱりちゃんと絵になっています。お世辞じゃなく。
だからこそ、私はもっと小樽を愛さなくてはならないとため息をついて
見てしまいます。
Commented by hiros at 2008-03-10 06:00 x
お疲れ様でした。
「あぶないから」納得できないなあ。(笑)
顔も親父ギャグも巨匠だから許される。こればっかりは協賛できません。(笑)
Commented by DENZI at 2008-03-10 06:06 x
あい、まったくその通り。
似たようなアングルで狙っても、マンホールのふたは決してオイラにはほほ笑みません。(笑)
Commented by 本部長 at 2008-03-10 07:24 x
お疲れ様でした(^^)
まるでウリュウさんを思わせるかのような爽やかな画の数々...
写り込みとかローアングルの路の描写...でもやはりainosatoさんらしいユーモアに溢れる(^^)
発色の出方ですが、この淡い色も被写体にはマッチしているように感じます。
自分の意図と違うと、アレッと思いますが第三者からみるとそっちの方が良いというのもありますからね(^^ゞ
春の穏やかさや温かさを感じる色空間ではないでしょうか。
ワタシは高彩度ポジが好きな性分なものでしてケバケバしくなちゃうんですが(汗)、
ainosatoさんはあくまでナチュラルな風合いが出ています。
ゆえに色内「よいこの遊び場」の雪の諧調などが素晴らしいです(^^)

DENZIさんの「決してオイラにはほほ笑みません」に笑いました(^^ゞ
Commented by i_nosato02 at 2008-03-10 07:28
>ariariさん おはようございます。
お店で見るとの、Webでじっくり本人の解説付きで見るのと違いますよね。
プロジェクターで、本人の解説付きでわいわい言いながら見れたら面白いでしょうね。今度デジで、そういうのやってみたいですね。
それなら「あぶないから」の意味も分かってもらえます(爆)
>小樽への愛情がやっぱりちゃんと絵になっています。お世辞じゃなく。
ありがとうございます。でも、おとなしくまとまってしまいました。もっと冒険しないとダメですね。反省反省。。。
Commented by i_nosato02 at 2008-03-10 07:30
>hirosさん おはようございます。
>「あぶないから」納得できないなあ。(笑)
まあ、どこまで含むかですね(笑)。
>顔も親父ギャグも巨匠だから許される。こればっかりは協賛できません。(笑)
すみません。たまには、無しで行けるようにします。
Commented by i_nosato02 at 2008-03-10 07:30
>DENZIさん おはようございます。
>似たようなアングルで狙っても、マンホールのふたは決してオイラにはほほ笑みません。(笑)
でも私には、錆や、こころづくしの接待が見えてきませんから。案山子も。
役割分担して小樽の「声」を聞きましょう。
Commented by i_nosato02 at 2008-03-10 07:41
>本部長さん おはようございます。
土曜日、二次会までありがとうございました。斉藤さんはママの人柄も含めてすてきすぎます。いいですね。
>まるでウリュウさんを思わせるかのような爽やかな画の数々...
ほかならぬウリュウさんとは、それは光栄です。
>写り込みとかローアングルの路の描写...でもやはりainosatoさんらしいユーモアに溢れる(^^)
ありがとうございます。色もそうですが、今回はおとなしくまとまってしまいました。
>自分の意図と違うと、アレッと思いますが第三者からみるとそっちの方が良いというのもありますからね(^^ゞ
はい、それこそ人に見てもらう意味がありますよね。
>春の穏やかさや温かさを感じる色空間ではないでしょうか。
ありがとうございます。
>DENZIさんの「決してオイラにはほほ笑みません」に笑いました(^^ゞ
DENZIさんには他のものがいっぱいほほ笑んでいますって
Commented by あやや at 2008-03-10 09:36 x
先日は初心者の私を混ぜて頂いた上、何から何までお世話して下さり、もう感謝感謝です、
本当にありがとうございました。
小樽歩きもフィルムカメラも全く不慣れな私でしたが、おかげ様でホントに楽しく、いい勉強をさせて頂いた一日でした。
また、改めて一本勝負の皆さんの技術の高さと純粋さ?を認識した一日でもありました。

普段デジで「取り合えず撮っちゃえ」ばかりやってたので、消去不可、全部人に見せるというプレッシャーの大きさは凄かったです。
でも、だからこそ納得の一枚が撮れた時の快感が大きいのでしょうね。
宴会での雑談の中で「一本勝負は自分との勝負なんだよ」という言葉に、もう首が千切れるほど頷いてしまいました。

あーでもainosatoさんに通なナビして頂いたおかげで、小樽街撮りの楽しさにはまりつつある私・・・
これからもどうかよろしくご指導下さい(笑)

Commented by sorami at 2008-03-10 12:16 x
お疲れさまでした!
今回はインデックスだけ見ると僕みたいですね。白面積が多い!(笑) でも一枚一枚の空気感がやっぱりainosatoさんです。
本部長さんに挙げていただいた(感謝!)写り込みや道も、ロゴが入っていそうな(笑)ainosatoテイストが出てますよ。そして37枚全体での「雪解け間近」という雰囲気を強く感じます。
0,3,5,13,15,34が好きです。僕も「一本勝負」中は端から見たらあぶないんだろーなー(爆)。
僕ももっと小樽を歩きたいなと、改めて思った今回の勝負でした。またご一緒しましょう!
Commented by i_nosato02 at 2008-03-11 06:29
>あややさん おはようございます。
お疲れ様でした。初参戦、楽しんで頂けたみたいで、うれしいです。

小樽の街も、見るもの、撮るもの いっぱいあってこれからが楽しみでしょう。
まるっきり観光地じゃない「通な」小樽ばかり案内しましたが、あのルートだけでも四季折々楽しめますので
雪が解けたらまた行ってみてください。
一本勝負も、デジタルで撮りなれているからこそ、面白みがわかるでしょ。
「自分との勝負」これですよ。それが楽しいんです。
小樽へ行くときはまた言ってください。まだまだ「通な」小樽がありますのでご案内しますよ。
初参戦、そしてディープな二次会までお付き合い頂きありがとうございました。
これに懲りずにぜひ、また参加してくださいね。
Commented by i_nosato02 at 2008-03-11 06:31
>soramiさん おはようございます。
お疲れ様でした。いつもどおり楽しかったですね。
>今回はインデックスだけ見ると僕みたいですね。白面積が多い!(笑)
実はその理由が分かりました。いつもは50mmだったのが、今回初めて35mmなんですよ(笑)。
>でも一枚一枚の空気感がやっぱりainosatoさんです。
ありがとうございます。小さくまとまってしまった感があり、次回は少し挑戦的にと反省しています。
>僕ももっと小樽を歩きたいなと、改めて思った今回の勝負でした。またご一緒しましょう!
はい、ぜひ。やはり小樽は楽しいですよね。特に今回は小樽組のはじけ方がすごかったですね。
さて次回はどうなることでしょう。楽しみです。
Commented by hkotsw at 2008-03-11 23:57 x
こんばんは
久々の聖地での一本勝負を拝見させて頂きました☆
インデックスを見てainosatoさんが歩いた足取りを追いながら楽しみました(^^ゞ
好天に恵まれたようで、3月らしくない雪融けの小樽に驚いています☆
Commented by i_nosato02 at 2008-03-12 06:11
>hkotswさん おはようございます。
>インデックスを見てainosatoさんが歩いた足取りを追いながら楽しみました(^^ゞ
ルート分かりました?hkotswさんなら全部分かりますよね。
ぜひ、他のメンバーのルートも辿ってみてください。2時間ですごい距離を走った人が
2人もいますから。まるでマラソンです(笑)。
>好天に恵まれたようで、3月らしくない雪融けの小樽に驚いています☆
もうびちょびちょでした。
<< 斉藤家アゲイン フィルム一本勝負 二次会in ... >>