タグ:札幌 ( 1309 ) タグの人気記事

先週のメモリの中から。。。。。

**容量不足により 画像削除***




いつもコンパクトデジカメを持ち歩いてパチパチやっています。
大体土日にメモリカードからパソコンにデータをセーブします。セーブしっぱなしも、もったいないので、たまには、そんな中から何枚か。


元旦にこんな風に日の出が見えたらよかったのになあ。。。。先週のあいの里の日の出です。


札幌駅南口の地下にて


光と影を見るとつい写したくなります。



 寒コーヒー(爆)
[PR]
by i_nosato02 | 2008-01-20 07:10 | Trackback | Comments(4)

美味しい珈琲

**容量不足により 画像削除***






朝、更新していなかったので、またどこかへ遠出していたのかと期待してくださった方も居るかもしませんね。ごめんなさい。昨日会社の納会で飲みすぎて二日酔いで早起きできずに、更新が遅れました。

朝から湿った雪、そして昼前には雨に代わり雪が溶けてびちょびちょ。
( PENTAX K10D DA 18-55mm F3.5-5.6 / ainosato )

( PENTAX K10D DA 18-55mm F3.5-5.6 / ainosato )

そんな雨の中、ちょっと用事で出かけて、用事を済ませたあとは、DENZIさんとariariさんと岩田珈琲店さんへお邪魔。店に入ると、喫茶店だったはずが、テーブルや店のあちこちにカメラが並んでいるという不思議な空間。
店長のすてきな写真を見せてもらいながら美味しい珈琲を頂きつつカメラ談義で盛り上がり、結局閉店までお邪魔して、なんと今年最後のお客となってしまいました。
( PENTAX K10D SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 / sapporo )

店長ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
そしてariariさん、DENZIさん トークショー(笑)お疲れ様でした。
[PR]
by i_nosato02 | 2007-12-29 23:18 | 札幌 | Trackback | Comments(10)

写り込み

**容量不足により 画像削除***






久しぶりの札幌駅前。
土曜日、用事をすませつつ、観光客に混じってカメラ向けてみました。

写り込み特集です。



最後は学園都市線の列車の中から。。。。合成みたいですけど、違います。
[PR]
by i_nosato02 | 2007-12-09 08:26 | 札幌 | Trackback | Comments(2)

町の灯り

***容量不足により 画像削除***





たいてい一眼レフで写真を写すのは土日です。でも平日に無性にシャッターを切りたい日ってあるんですよね。いつも持ち歩いているコンパクトデジカメの頼りないシャッターじゃなく、一眼レフの「カシャーン」という音が恋しいことが。。。。。

写すものはなんでもいいんです。

会社の帰り道。札幌駅北口をご存知の方なら見れば分かると思いますが、どこにも寄り道せず、いつもの道順をまっすぐ歩きながら写しています。


まずは、北口交番の前を通って。。。。つい赤い光に惹かれます。
( PENTAX *ist-D SMC-M 50mm F1.4 / sapporo )

噴水の脇を歩いて
( PENTAX *ist-D SMC-M 50mm F1.4 / sapporo )

噴水の水の写り込みを写して
( PENTAX *ist-D SMC-M 50mm F1.4 / sapporo )

同じ場所で駅を見上げて一枚。
( PENTAX *ist-D SMC-M 50mm F1.4 / sapporo )

噴水の前から見える駅の北口通路を写して 
( PENTAX *ist-D SMC-M 50mm F1.4 / sapporo )

その同じ場所から西を写して。
( PENTAX *ist-D SMC-M 50mm F1.4 / sapporo )


写真って、どこかへ行って写すんじゃなく、普通に歩いている道でもこれだけ写せるという例でした(汗)。
って要するにネタ切れをごまかしているだけ(笑)。



追記:鉄路展 明日9月1日は13:00すぎ、遅くとも14:00までには会場に行く予定です。
    その後、状況次第ですが、夕方まで会場に居ます。
[PR]
by i_nosato02 | 2007-08-31 05:40 | 札幌 | Trackback(1) | Comments(8)

街の花

***容量不足により 画像削除***



いつも森や野原の花を写していますが、たまには街の中の花なんてどうでしょう。

「タチアオイ」です。
( PENTAX K10D DA 21mm F3.2 AL Limited / sapporo )

札幌中心部の歩道の脇に咲いています。
( PENTAX K10D DA 21mm F3.2 AL Limited / sapporo )
[PR]
by i_nosato02 | 2007-08-04 07:33 | 札幌 | Trackback | Comments(12)

R4スナップ

***容量不足により 画像削除***





Caplio R4 ネタが続きます。

セルフポートレート(笑)


きれいな写真というよりも、ちょっと荒々しいイメージで。。。。。
って森山大道にかぶれたわけではないですが(笑)
[PR]
by i_nosato02 | 2007-06-30 07:34 | 札幌 | Trackback | Comments(16)

新しい相棒R4

***容量不足により 画像削除***


先日お伝えしたように、普段持ち歩いているコンデジが新しくなりました。
さっそく、そのコンデジで写した写真を少し紹介しましょう。

道庁の池で睡蓮が咲いていたのでそこで試し撮りです。

さすが600万画素。このゴチャゴチャした絵でもちゃんと見られますね。

そして、今日の自信作はこれ。ポストカードみたいな一枚。画像処理じゃないですよ(笑)。
コイがこの向きでこの位置に来るのを祈るような気持ちで待ちました。「来い!来い!鯉!」って(爆)




種明かしはこちら。
池にコイが泳いでいて、水面に映る曇り空を白く飛ばしました。
緑(黒)は周りの木が水面へ写り込んでいる部分です。

狙い通りに写りました。R4君いい仕事するねえ(笑)


以上 RICOH Caplio R4
[PR]
by i_nosato02 | 2007-06-29 05:28 | その他 | Trackback | Comments(13)

「狸小路化けルンです一本勝負」

札幌祭りで賑わう札幌中心部、狸小路一丁目の端に集まった8人の怪しい集団。目の前には「札幌初のメイド喫茶」(関係ないけどね(笑)。)

いきなり、「写ルンです。39枚撮り」を渡され、ルールの発表。

・使うのは 富士フイルム 「写ルンです 800プレミアム」
・制限時間90分
・フィールドは、この狸小路1丁目から10丁目。左右のわき道へのはみ出し禁止。
・各区画で1枚以上撮影。
・オフサイド有り  注:次の区画に入ってから逆戻りは禁止。
  (2丁目を写してから撮り忘れに気付いて1丁目に戻ってはいけない。)

フィルム一本勝負 3回目にして早くも、きびしいレギュレーションが課せられました。
つまり、カメラ、レンズ、フィルム といった可変要素を全員統一し、
ピントの調節や、ボケ具合、露出補正など、テクニックの入り込む余地を一切なくして
個人の目線という一番シンプルな部分での一本勝負と相成りました。

つまり、どこを見て、何を写すか。だけ。。。。。。すっごく恐ろしい。

ビビリながらも、いつもどおり散って行った8人、さてどんな写真が出来上がりますか。

今回の参加者は、いつものお仲間のみなさん、
hirosさんbonoさんDENZIさんCommAさんariariさん小樽ではたらく本部長さん
そして初参戦の写真作家ウリュウ・ユウキさん
(ぜひみんなのブログを巡回して、同じ限られたシュチエーションで何を写しているかご覧ください。)

さて、お約束のインデックスプリント。(写ルンですは、逆になるので、撮影順は下が最初です。)
b0103798_6201443.jpg
(クリックするとちょっとだけ拡大表示します。)

ファーストショットは、狸小路だという証拠写真のようなこれ。
シャッターを押した感触が物足りないし。しかもファインダーの中、どこまで写っているのかも良く分からない。うーーん難しい。
b0103798_6232911.jpg

 以下すべて 富士フイルム 「写ルンです 800プレミアム」 プリントよりEPSON GT-9300UF にてスキャン
(スキャンしてそのまま 補正無しです。)

二丁目
b0103798_6255623.jpg


まだ続きます。
[PR]
by i_nosato02 | 2007-06-17 06:31 | フィルム | Trackback | Comments(20)

草野球




***容量不足により 画像削除***





札幌市内には草野球のリーグがいくつもあり、土曜、日曜はあちこちの球場で試合が行われています。平日やっている朝野球はもちろん、夕方やっているたそがれ野球なんていうリーグもあります。

ブログで紹介したことは無かったと思いますが、実はここ数年、友人の草野球チームの専属カメラマン(笑)をやっています。

昨日も試合がありました。昨日のベストショットはこれ。


バットとボールがぶつかる瞬間を狙ってシャッターを切っています。
この写真の場合、いつもは右目で覗くファインダーを左目で覗いて、右目は開けておいて
右側にいるピッチャーの動きを追います。
草野球とは言っても、結構玉が早いので、投げたタイミングにあわせ、バッターが振る、振らないに関係なく、ボールが来る瞬間にシャッターを切ります。
そのため、見送り写真が量産されますが、何回かはインパクトの瞬間を写すことができます。

連写すれば簡単だと思うでしょ。私のカメラの連写ってそんなに高速じゃないので、たいてい大事なところが抜けるのです。
そのため、一枚ずつ写しています。でも、それも一球ずつ勝負しているみたいで、楽しいんですよ。

投球シーンも同じように、ボールが手を離れる瞬間を狙って、


バックネット裏から


昨日は、過去の対戦で連敗中の相手、気合が入ります。そして結果は勝利。いい試合でした。
友人のチーム、今シーズン好調です。

最後はイメージカットで。



ちなみに、野球は好きで、会社の野球部に入っていたこともあります。
ポジションですか? もっぱら「ベンチ」を守っていました(笑)。
[PR]
by i_nosato02 | 2007-06-11 05:20 | その他 | Trackback | Comments(10)

お知らせ

***容量不足により 画像削除***





「花と水滴」路線が続いていたので、何か違う写真ないかなあ、と最近写した写真をさかのぼってみていたら。。。。。。
最近本当に、これしか写していませんでした(笑)。

ということで、まずはいつものやつ。。。。。。。。。水戸黄門の印籠みたいに(爆)。



で、こればっかりもなんなので。

ちょっとご紹介。
小樽の鉄路展でいっしょにやっている友人の写真家 瓜生君が個展をやっています。
昨日ようやく見に行くことが出来ました。

「想いは旅をする」ウリュウ ユウキ @ギャラリー ニュースター


ウリュウ君らしいキレイなモノクロ写真が並んでいます。(ちょっと狭いけどね(笑)
旅をテーマにしていますが、もちろん私の写真のようなどこへ行ってきましたよ。っていう証拠写真や観光写真じゃなく
行ったことはないんだけど、でもなぜか懐かしい風景、そんな空気をていねいに切り取って見せてくれています。
銀塩モノクロのやさしい写真です。

くわしくは こちらを見てね。

おまけ:そのギャラリーまで行く途中、ちょっと街を写したので、アップしておきます。
(マイブームの魚眼レンズを街で使ってみたかっただけですけどね)



最後に、もう一つお知らせです。
夏の一大イベント(私にとってのね(汗)) 「小樽鉄路展」の準備が始まりました。(すでに出展者会議を二回開催)
今、出展者を募集しています。 
屋外なので、壁も用意されていないし、雨風対策は必要だし、といろいろハードルの多い写真展ですが。。。。
これを読んで私たちと一緒にやってみたいという方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。 
-----------------------------------------------------
『Open!!!』-Open Air, Open Photography, and... Open Your Mind!-

『小樽・鉄路・写真展』へのお誘い


野外で写真を見せる。
舞台は、夏の終わりの小樽。普段は草に覆われた、北海道で初めて敷かれた鉄道の跡地。
自分たちで場を作り、とっておきの作品を持ち寄り、見せ方にこだわり、たくさんの人に見てもらって、そして、新しい自分の視点を見つける。
……そんな"オープン"な写真展を、私たちは7年間、作り続けています。

『鉄路展』は、毎年みんなで会場の草刈りをするところから始まります。
そして一枚、また一枚と、写真を夏の終わりの空の下に解き放っていきます。

『鉄路展』には、テーマおよび審査はありません。
あくまでも自らの表現に正直で、真剣であること。そして、毎年春から始まる会議(月一回)にできるだけ参加し、原則として出展者自ら搬入・搬出をし、運営費用をみんなで分担すること。これが参加の条件です。
主催者に「小樽・鉄路・写真展 参加者一同」と謳う通り、すべてを自らの運営で行うからこそ、参加者が自信をもって自らの作品を世に問える。
みんなで作り上げる写真展……、これが『鉄路展』の誇りです。

写真は、いろいろな人に見てもらってこそ、かたちになります。
『鉄路展』には毎年、地元の方や写真が好きな方はもとより、観光客やツーリングのライダーなど、実に幅広い観客がいらっしゃいます。
お客さまも多彩なら、社会人・学生、プロカメラマンに、趣味で写真を楽しむ人……出展者も多彩です。だから、写真の経験は全く問いません。
自分の写真を見て欲しい。いろいろな表現を見てみたい。そのどちらも叶うのもまた、『鉄路展』の良さです。

今や小樽の夏の終わりの風物詩にもなっている『鉄路展』。
主役はあなたです。あなたの写真と持てるチカラを、ぜひこの夏の終わりに解き放ってみませんか!?
ご参加を心からお待ちしています。

---------------以上 鉄路展告知文より転載。

追記:書き忘れましたが、今年の鉄路展は 8月27日から9月9日までです。
[PR]
by i_nosato02 | 2007-05-31 05:50 | 札幌 | Trackback | Comments(10)