人気ブログランキング |

そろそろ。。。。(小樽雪あかりの路10)

***容量不足により 画像削除***



何度も登場していますが、やっぱりこの浮き球が好きなんですよねえ。( PENTAX K10D TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR / otaru )

さて、そろそろ帰りますか。
ふと小樽駅のホームから見上げると上のほうに点々と灯りが。。。
いつもお世話になっている工房rukaさんちの町内会の雪あかりです。( PENTAX K10D TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR / otaru )
上から見ると、こんな感じ。緑色の照明とロウソクの暖かい色が面白い組み合わせです。( PENTAX K10D TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR / otaru )


ホームのスノーキャンドルも列車のヘッドライトに照らされていい感じです。( PENTAX K10D TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR / otaru )
by i_nosato02 | 2007-02-23 05:38 | 小樽 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://ainosato02.exblog.jp/tb/6518618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 摩耶 at 2007-02-23 08:33 x
浮き玉に 瞬くあかり 引き込まれ
  寒さ忘れて  運河を歩く

この浮き球も雪あかりには欠かせないですよね。今年から作り手が変わって耐熱ガラスになったとテレビで取り上げていました。
Commented by ぐ~ at 2007-02-23 10:12 x
浮きだまを眺める瞳も、きらきら輝いていますよ。
空気が冷たくて、透明感があります。寒いはずなのに、どれも暖かい映像ですね。
雪明りの路を歩いてみたいですね。
Commented by みのり at 2007-02-23 21:08 x
私も浮き球は、見ているだけでうれしくなってしまいます。
丸くて透き通っていて編んだ紐に包まれて・・・。イイっ!
最後の駅の写真もステキな色と影と雰囲気ですね。
まさか駅のホームにまで灯りが飾られているとは、さすが小樽ですね。

Commented by k_ruka at 2007-02-23 22:35
我が家の前にも来ておったのですね、ありがとうございます。
同じ所から撮っているのに、わしの写真とは明らかに違う明るくてやわらかい雰囲気、この違いはいったい何なんだ。
今度遊びに来てくれたときは、その辺の撮り方をじっくりとお聞きしたい。
Commented by i_nosato02 at 2007-02-24 09:18
>摩耶さん おはようございます。
浮き球、そうですか、作り手が変わったのですか?知りませんでした。
そういえばいつもよりも多くて、今年はあちこちで見かけた気がします。(気のせい?)
>ぐ~さん おはようございます。
寒いほうが空気は透明感がありますよね。でも、やっぱり人がいるとそれだけで暖かく感じます。
2枚目の駅のホームから写した写真が寒そうに見えるのは人が居ないからでしょうね。
Commented by i_nosato02 at 2007-02-24 09:19
>みのりさん おはようございます。
駅のホームにずらっーとスノーキャンドルが並んでいます。
ちょっと蹴っ飛ばしたら壊れてしまいますが、いたずらで壊されているものは一つも
ありません。そこも小樽らしさだと思います。

>k_rukaさん おはようございます。
夜だったので、声をかけずにこっそりお邪魔していました。
写真は、ちょっとソフトフィルターかけています。やわらかく見えるのはそのせいです。
レンズにそっと息を吹きかけるだけでも出来ますよ。
Commented by 小樽ではたらく本部長 at 2007-02-25 00:37 x
10回とも楽しませてもらいました!
自分の場合、おそらく最も会場に足を運んだ回数は多いのですが、ベタな運河ばかりを撮ることに夢中で、
手宮線はただただ歩いているだけの方が多かったです(^。^;)
↓の投稿の手宮線の雰囲気の出し方は素晴らしすぎます。
さすが鉄路写真展をされている方でないと出せない情感です。思い入れの深さが違いますね。

rukaさんのところの灯かりもいいですね(造られた方々も偉大です!)。
最後の1枚、ホームのスノーキャンドル見てると泣けてきます。
「さよなら、雪あかり」と呟いているようです...
Commented by i_nosato02 at 2007-02-25 08:31
>本部長さん おはようございます。
最後までお付き合い頂きありがとうございます。
また過分なるお褒めの言葉うれしく頂いておきます。ありがとうございました。
でも、通勤途中に雪あかりなんて、うらやましすぎます。
運河の写真は本部長さんのあの北海製罐の写真にかないませんよ。
私はいつも数で勝負です。

rukaさんのところは実は列車の時間まで数分しかなく、落ち着いて写さなかったのが
悔やまれます。もっと小樽駅と絡めて写せばよかったと後悔しております。
ホームのスノーキャンドル、こういう光の具合が好きで、ちょっとお気に入りの一枚です。
<< FISノルディックスキー世界選... さらに続く雪あかりの路(小樽雪... >>