雪あかりの路 6

**容量不足により 画像削除***






まだ続きます(汗)。

気分を変えて。
[PR]
# by i_nosato02 | 2008-02-14 05:31 | 小樽 | Trackback | Comments(2)

雪あかりの路 5

**容量不足により 画像削除***





まだ空に明るさが残る時間帯。2月11日祝日ですが、さすがにこの時間にはまだ人はまばらです。
( PENTAX K10D SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 / otaru )

この「ほのお」のゆらめきがいいんですよね。
( PENTAX K10D SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 / otaru )

青く光る氷の壁。
( PENTAX K10D SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 / otaru )

定番スポットですが、今年もカップルの雪だるまがありました。
( PENTAX K10D SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 / otaru )

最後は、誰が作ったのか、かわいいキャラで。
( PENTAX K10D SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 / otaru )
[PR]
# by i_nosato02 | 2008-02-13 05:49 | 小樽 | Trackback | Comments(6)

雪あかりの路 4

**容量不足により 画像削除***




こんなの作ってみました。


(昨日、祝日でしたが、また行ってみました。ほどほどの人出で、前回よりも落ち着いて写すことができました。)


小樽雪あかりの路オフィシャルサイト
[PR]
# by i_nosato02 | 2008-02-12 21:21 | 小樽 | Trackback | Comments(0)

雪あかりの路 3

**容量不足により 画像削除***





小樽の町をバックに雪あかりの路。


雪あかりの路、今年は10周年です。


またまた丸ボケ。


最後は天使と丸ボケ。
[PR]
# by i_nosato02 | 2008-02-11 23:42 | 小樽 | Trackback | Comments(8)

雪あかりの路 2

**容量不足により 画像削除***






昨日の続きです。大好きなもので、すみません(汗)。

小樽駅の中、改札口のすぐ前にも、こんなオブジェがあります。
もちろん駅の中ですから雪ではありません。発泡スチロール製です。

町のあちこちにも灯りが飾られています。これは商店街のアーケードの中。
「大きな愛」があります。


運河に浮かんだろうそくの灯りが夜空の星のようです。







抽象的な一枚(笑)


最後はカラフルな一枚。




ちなみに、去年の私の自信作は、 こちらのページ の最後の写真。さて、今年はどんなのが撮れるでしょうか。
(ってまだ満足いく作品は撮れていません(汗)。次はいつ行こうかな。)


下のタグもこの機会につけなおしました。「雪あかり」をクリックして頂けると、昨年のも含めて、すべて一覧で表示することができます。
[PR]
# by i_nosato02 | 2008-02-10 22:50 | 小樽 | Trackback | Comments(16)

小樽雪あかりの路

**容量不足により 画像削除***






本来なら、道東合宿の2日目の写真をお送りするところですが、昨日から始まった「小樽雪あかりの路」へ行ってきましたので、そのご報告を。
小樽好きの私にとっては、絶対に欠かせないイベント「雪あかりの路」しかし、今年はちょっと想定外でした。

まずは準定番。(向こうの橋から写すのがいちおう定番?)

分かりますか?すごい人です。右側の運河沿いの散策路が人でびっしりと埋まっています。

小樽でこんなに混雑したのを見たことがありません。最初の休日の夜ということもあるでしょうが、それにしてもこの混み方は異常です。
もちろんこのイベントの認知度が上がり、全国(海外も)からのお客さんが来てくれるのはうれしいですが、しかし、もともとは静かなイベントがこの「大晦日のアメ横」のようなすごい混雑。
正直引きました。結局、あまりの混雑で、人の流れに一度入ってしまうと、流されていくだけで写真なんてとてもじゃないけど写せそうにないので、あきらめました。

毎年通っていますが、私がメイン会場の中に入らなかった(入れなかった)のは今年がはじめてです。
(もう一つのメイン会場の手宮線会場も同様に人があふれかえっていました。こちらも中に入れませんでした。)

なんとか少し空いている場所を見つけて数枚写してきましたが、撮影枚数は過去最低です。



会場のスタッフも、こんなの見たことがない。というほどの混雑。たぶんこのイベント史上最高の人出だったのではないでしょうか。

しかし、自称スーパー小樽人(爆)、穴場はちゃんと知っているので、こういう絵も一応押さえてありますけどね(笑)。




その後、2時間くらい写して、あっさりと引き上げて、別会場へ移動しました。
たぶん空いているだろうと思い、一番遠い「朝里川温泉会場」へ行ってきました。
(ブログ仲間のrukaさんとマダムーチョさんに車で連れて行ってもらいました。いつもコメントをいただいている「あやや」さんも一緒でした。)

朝里会場では、ariari師匠とさらにベニさんも合流。ちょっとしたミニオフ会?

その朝里会場です。
川の中に明かりが点在して、いい雰囲気です。人も少なくメイン会場とは雲泥の差。


しかし、この路こそ雪あかりの原点です。昔はそんなイベントだったんですよね。


小樽市にとっては、人気が出てきて混雑するのは歓迎すべきことでしょうけど。。。。。
あの混雑は今後の課題ですね。

ということで、私にとっては非常に不完全燃焼の「雪あかりの路」でした。
いつかリベンジしなければ、このままでは終われません。


こちらのオフィシャルブログもご覧ください。
アッタカサノ記憶 小樽雪あかりの路 10 official photo blog
[PR]
# by i_nosato02 | 2008-02-09 23:52 | 小樽 | Trackback | Comments(21)

蒼い朝

**容量不足により 画像削除***







道東合宿2日目(もう一週間くらい引っ張っていますが、実はまだ2日目です)。

朝、もう一度音羽橋へ行くか、それとも違うところへ行くか、音羽橋へ行っても同じような絵しか撮れないと思った我々は一か八か。
もしかしたら鶴か居るかもしれないという河口を目指して、まだ真っ暗な朝5時30分に宿を出発しました。
車の窓も凍るほどの寒さのなか、無言で車に揺られて行きます。


着いたところは、まだ日の出前の静かな入り江。しかし、鶴が居なくてもこの景色があったら充分です。みんな寒さを忘れて写し始めました。


鶴と違って人懐っこい白鳥はどんどん我々のほうへ寄ってきます。


日が昇ってきました。

周りの草には氷の華が咲いています。


蒼い世界から一転して、日が昇ると今度はこの色あいです。



朝からこれを見られただけでもう満足でした。
[PR]
# by i_nosato02 | 2008-02-08 23:35 | 北海道 | Trackback | Comments(10)